上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかこっぱずかしい最新記事のまま放置してて非常に恥ずかしいです。
ちょっと最近色々ありすぎて死亡直前だったのですがなんとか生きてます。

ちょっとですねー原因は分かってるんですけど、その原因の所為で極限にひどい精神状態になってて、イタリア旅行が決まってなければ絶対屋上からダイヴしてたと思います。とゆうかダイヴしなければならない状況なのに生きている感じです。どうしたものか。
夜はうなされるし食事は喉を通らないし独りになると震えが止まらなくてタスケテタスケテとつぶやいてる感じです。苦しい。死にてーけど生きてーといってあがいてる方がどんなに生を実感できるか。生きたいのに死ななければならない、これでは生き地獄だ。こんな怖ろしい思いをさせる貴方を私は恨みます。
親しい子には相談できなくて、親しいからこそ相談できなくて、さらに苦しかった。これは誰かに話さないと押しつぶされるかと思った。そんな時担任に調子悪そうなのを見かねて話しかけられて、その時に自棄になって笑い話のように話した。そしたらなんだか笑い話のように思えてきた。そんでもって特に親しくないクラスメイトにも話したらあまりに馬鹿げた事のように思えて、逆に腹立ってきた。もともとあの子に味方なんて居なかったから皆私に同調してあの子を嘲笑っていました。あの子有名だし多分数日すれば広まっているでしょう。私は主観的になりすぎないよう冷静に状況を説明したので誇張はないと思われます。それにしてもこうやって味方を増やしていく快感を知りました。つまり彼女から味方(元々そんなのいなかったけれど)を奪うことに快感を覚えているということになりますね。私はヤな女です。
それでも私の震えは治まらない。どこかで狂ってしまった歯車の中でただただ蹲っているしかないのです。

もう一件あるのですけれど。それは親に話したら矢張りばかげているように思えてきて、多少軽くなりました。それでも帰ってくることのないメールを待ち続けるしかないのです。

ここで死んだらただのあてつけになる。
そして彼女はあてつける価値のあるような人間でもあるまい。
そして私が死んだことをエサに悲劇の少女を演じるつもりなのだろう。
どちらも無様だ。
犬死には絶対にしない。
生きてやる。私は彼女の無様な人生に組み込まれはしない。
生きてやる。生きてやる。生きてやる。


妙なこと書いてすみませんでした。
書くことによって震えを断ち切りたかったのです。
明日も頑張らなくては・・・勉強死ぬほどしたくねー・・・。
漫研と美術部とお昼ご飯がめっちゃ楽しいです。ありがとう。
スポンサーサイト

テーマ:吐き出してしまおう - ジャンル:心と身体





このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/06/07 10:32】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 本日ノ嬌聲, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。